KYOTO ART HOSTEL Kumagusuku

奥村雄樹《彼方の男》試写会

2019.05.25 / Cat :

奥村雄樹《彼方の男》試写会

2019年5月25日(土)
18:00 開場
18:30 上映開始
20:30 トーク 「誰彼なしに」(奥村雄樹 x 田村友一郎 + 見増勇介)

料金:一般1000円/学生500円(どちらも1ドリンク付)
定員:20名(予約者優先)
予約:mail@kumagusuku.info

主催:KYOTO ART HOSTEL kumagusuku
助成:公益財団法人 日本文化藝術財団
協力:ヴィラ九条山

同時開催:「ベアトリス・バルクー × 奥村雄樹:心中熊楠城」(宿泊時のみ観覧可)

– – –

ブリュッセル在住のアーティスト奥村雄樹が先ごろ同地のギャラリーで開かれた個展において発表した長編の新作映像《The Man Who》。今回の試写会ではその日本語字幕版《彼方の男》を初めて公開します。

彼方の男
2019|HDビデオ|116分15秒|カラー|音声(英語)|字幕(日本語・β版)
http://yukiokumura.com/works/themanwho.html

〈アムステルダムとベルリンとブリュッセルとオステンドとパリで2018年12月から2019年2月にかけて奥村雄樹が聞き手となって実施された一連のインタビュー。映像は「彼」と呼ばれる何者かをめぐる数々の回想あるいは数々の回想の述懐で構成される。語り手は9人の参加者の面々。すなわちマリア・ブルームとミシェル・クロウラとヘルマン・ダレッドとミシェル・ディディエールとルディ・フックスとイヴ・ヘヴァルトとカスパー・ケーニッヒとジャン=ユベール・マルタンとフィリップ・ファン・デン・ボッシュ。作品はイシ・フィズマンの思い出に捧げられる。〉

– – –

奥村雄樹
1978年に青森市で生まれて今はブリュッセルで暮らす男。アーティスト。彼の近年の主な仕事にはブリュッセルのラ・メゾン・デ・ランデヴーにおける2019年の『29771日 – 2094943歩』(企画:ミサコ&ローゼン)や東京国立近代美術館の眺めのよい部屋における2018年の「無題」(企画:三輪健仁)や銀座メゾンエルメス フォーラムにおける2016年の『奥村雄樹による高橋尚愛』(企画:説田礼子)や京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAにおける2016年の『な』(企画:徳山拓一)などがある。翻訳者としても暗躍。
http://yukiokumura.com/

田村友一郎
1977年に富山市で生まれて今は京都市で暮らす男。アーティスト。彼の近年の主な仕事には東京の森美術館における2019年の『六本木クロッシング2019展:つないでみる』(企画:椿玲子と德山拓一と熊倉晴子)や広島市現代美術館における2019年の『美術館の七燈』(企画:松岡剛)や富山県美術館における2019年の『わたしはどこにいる?道標をめぐるアートとデザイン』(企画:碓井麻央)や京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAにおける2018年の『叫び声』(企画:藤田瑞穂)などがある。
http://www.damianoyurkiewich.com/

見増勇介
1980年に竹田市で生まれて今は京都市で暮らす男。アートディレクター/デザイナー。彼の近年の主な仕事には青幻舎から2019年6月に刊行される『チームラボ 永遠の今の中で』や金沢21世紀美術館における2019年の『名和晃平 FOAM』のためのデザインディレクションなどがある。2011年よりアートグループ『intext』としても活動。近年の主な展開には名古屋市のSTANDING PINEにおける2019年の『SKIMMING THE RESONANCE』やアートバーゼル香港における2018年の『DEATH OF FUNCTIONS』などがある。
http://www.ym-d.jp/

– – – – – –

Yuki Okumura: The Man Who (Test Screening)

Sat. 25 May 2019
18:00 Open
18:30 Screening begins
20:30 Talk session “Whoever, Twilight” (Yuki Okumura x Yuichiro Tamura + Yusuke Mimasu)

Price: 1000 yen (general) / 500 yen (students) *both 1 drink included
Seats: 20 (priority for those with reservations)
Reservation: mail@kumagusuku.info

Organized by KYOTO ART HOSTEL kumagusuku
Supported by Japan Arts Foundation
Cooperation provided by Villa Kujoyama

Held in conjunction with the exhibition Béatrice Balcou x Yuki Okumura: Double Suicide at kumagusuku (viewable only for hostel guests)

– – –

Japanese artist Yuki Okumura premiered his latest, feature-length video work called The Man Who in his 2019 solo exhibition at a gallery in Brussels, where he has based himself. In this test screening event at kumagusuku, Kyoto, its Japanese-subtitled beta version is previewed.

The Man Who
2019 | HD video | 116 minutes 15 seconds | color | sound (English) | subtitles (Japanese, βver.)
http://yukiokumura.com/works/themanwho.html

“A series of interviews conducted by Yuki Okumura in Amsterdam, Berlin, Brussels, Ostend and Paris in December 2018 and January and February 2019. This film contains memories, or description of memories, of “him,” narrated by the nine participating individuals: Marja Bloem, Michel Claura, Herman Daled, Michèle Didier, Rudi Fuchs, Yves Gevaert, Kasper König, Jean-Hubert Martin, Phillip Van den Bossche. In memory of Isi Fiszman.”

– – –

Yuki Okumura
A man who was born in Aomori, 1978, and now lives in Brussels. Artist and translator.
http://yukiokumura.com/

Yuichiro Tamura
A man who was born in Toyama, 1977, and now lives in Kyoto. Artist.
http://www.damianoyurkiewich.com/

Yusuke Mimasu
A man who was born in Taketa, 1980, and now lives in Kyoto. Art director and designer.
http://www.ym-d.jp/