KYOTO ART HOSTEL Kumagusuku

であう、つたえるをかんがえる

障害のある人のアートを楽しむために
「この表現、どう伝えたらいいんだろう?」から生まれた展覧会。

障害のある人たちの作品や、それが作品なのどうかさえわからないけれどなぜか惹きつけられる表現。それらを一堂に集め、出会い、考え、共有するためのワークショップをおこないました。ワークショップに参加したのは、デジタルファブリケーション設備のあるカフェ「FabCafe Kyoto(ファブカフェ京都)」と、アートが楽しめる宿泊施設「KYOTO ART HOSTEL kumagusuku(アートホステル クマグスク)」のスタッフたち。彼ら彼女らが面白いと思った作品や表現を、自分たちの職場に展示してもらいました。

カフェやホステルといった多様な人たちのハブとなる空間に、日ごろからその場で過ごしているスタッフたちが、自分たちの選んだ作品や表現を、自分たちで考えた方法で展示する。この展覧会は、特定の切り口から多様な表現を楽しむ従来のキュレーションとは異なる、個人的な視点を出発点にアートの多様さ浮かび上がらせる試みです。

アートとの不意な出会いを楽しんでいただくとともに、みなさんならどの作品を選び、どんなふうに飾るか、思いをはせてみてください。

2020年3月20日(金)~27日(金)
16:00~21:00

主催:一般財団法人たんぽぽの家「障害とアートの相談室」
協力:FabCafe Kyoto、KYOTO ART HOSTEL kumagusuku、ほか

出展団体:
社会福祉法人やまなみ会 やまなみ工房(滋賀)
NPO法人スウィング(京都)
特定非営利活動法人コーナス アトリエコーナス(大阪)
特定非営利法人100年福祉会 片山工房(兵庫)
社会福祉法人わたぼうしの会 たんぽぽの家アートセンターHANA(奈良)
社会福祉法人一麦会 Po-zkk(和歌山)
企画共同立案:宮下忠也

であう、つたえるをかんがえる
であう、つたえるをかんがえる