KYOTO ART HOSTEL Kumagusuku

work in progress 2019 「切り取るための風景」


WORK IN PROGRESSは、京都精華大学大学院 芸術研究科 版画領域の学生有志によって毎年開催される展覧会です。「進行中の制作」を意味するこの展覧会名には、版画作品のみならず、版画を用いた実験的な作品といった幅広い表現を試みようという思いが込められています。
本年は、参加作家が風景から着想を得ているということから「切り取るための風景」という主題を設けます。リビングや玄関に飾られる風景画、銭湯の富士山、パソコンのデスクトップなど、風景は生活の中に随所に存在しています。「作品を作るために風景を見ているのか、風景があるから作品を作るのか」を4人それぞれの視点で考えた作品を発表します。

会期:
10月25日(金)〜11月3日(日) 13:00〜21:00 (最終日は18:00まで)

出品作家:
石田小榛、津村吉乃、丁柔水、六根由里香

クロージングパーティー  11月2日 18:00 〜

twitter : @ hanga_workin

協力:京都精華大学 版画コース
主催:京都精華大学 大学院 芸術研究科 版画領域