KYOTO ART HOSTEL Kumagusuku

のんきにはじめるアーユルヴェーダ

photo: のんきにはじめるアーユルヴェーダ
2018.06.16
Cat :

「のんきにはじめるアーユルヴェーダ
~体質別チャイと夕暮れヨガ~」 6/16(土) 17:00~19:00 ◯アーユルヴェーダの体質診断60min by KEI ◯ヨガ 30min by AO 料金:3,000yen(体質別チャイ・お土産付き) 定員:約10名 ▽ご予約はこちら ao.yoga.aliali@gmail.com またはクマグスクまで 持ち物: ...more

5月のバー営業について

photo: 5月のバー営業について
2018.05.08~2018.05.29
Cat :

4月にはじまったkumagusukuでのバー営業「Bar旅行。」は、 5月も、そしてその先も、引き続き営業いたします。   今月のテーマは「めぐる、スープ」。 世界中のスープを再現しつつ、アレンジした週変わりのスープをメニューに。 行ったこともない国の、聞いたことのないスープかもしれませんが、比べようがなくたって想像をめぐらせて 味わい、栄養もめぐ ...more

トークセッション「澁谷征司とFabian Hammerl 日独2人の写真家の対話」

photo: トークセッション「澁谷征司とFabian Hammerl 日独2人の写真家の対話」
2018.04.19
Cat :

現在kumagusuku で「A CHILD」を展示中の澁谷征司とKYOTO GRAPHIE/KG+の参加作家Fabian HammerlのトークセッションをMTRL KYOTOで開催します。 日本とドイツで同じ1970年代に生まれた2人の写真家、澁谷征司 と Fabian Hammerl。日本とドイツという遠く離れた土地で生まれ育った同年代の2人は、この同 ...more

山本まりこ写真展「熊野古道を歩いています。」

photo: 山本まりこ写真展「熊野古道を歩いています。」
2018.04.11~2018.04.22
Cat :

この度、kumagusukuでは写真家山本まりこの個展を開催いたします。 南方熊楠もゆかりのある熊野古道を山本が何度も通い歩きながら撮影した写真作品が展示されます。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 『写真家 山本まりこ写真展「熊野古道を歩いています。」』 日時:2018年4月11日(水)~22(日)13:00-21:00 場所:京都アートホステル クマグスク h ...more

BAR営業をはじめます!

photo: BAR営業をはじめます!
2018.04.03
Cat :

4月より、クマグスクの1Fカフェスペースにて、 スタッフの留岡愛子(aiko)と高山綾子(yacco )が週に1回のバー営業を開始します。 お酒やコーヒーなど各種ドリンクに加え、週替わりの美味しいスープを用意してお待ちしています。   その日1日を振り返って、だれかの話をきいて小さな発見をしたりする、 それはどこか旅に似ています。 お酒を飲みながら ...more

goobyドレス試着会

photo: goobyドレス試着会
2018.04.28~2018.04.29
Cat :

▷goobyドレス試着会 4月28日(土)29日(日) 11時~19時 京都アートホステル クマグスク 入場無料 goobyのドレスをどなたでもご試着いただけます。 特典として、どこを切り取っても絵になる会場を背景に、ドレス姿のお客様の写真を撮らせていただき、後日データをプレゼントさせていただきます。 ▷ウェディングマーケットも同時開催!! 参加作家 aim ...more

南条嘉毅個展『Wafting Time -漂う地層-』

photo: 南条嘉毅個展『Wafting Time -漂う地層-』
2018.03.24~2018.04.01
Cat :

FEEL KYOTO企画の展覧会として美術家南条嘉毅の個展を開催します。 昨年度、FEEL KYOTO の招待作家として滞在制作を行なった南条嘉毅の京都北野商店街空き店舗での滞在取材をきっかけに制作された平面作品及び、今回だけの新作のインスタレーション展示を行います。 FEEL KYOTO EXHIBITION 「京都で小須戸」 ーーーーーーーーーーーーーー ...more

阿児つばさ・大和田俊 展覧会「真空ろまん」

photo: 阿児つばさ・大和田俊 展覧会「真空ろまん」
2018.03.07~2018.03.18
Cat :

展覧会「真空ろまん」 この度、kumagusukuでは阿児つばさ・大和田俊の二人展を開催いたします。 概要: いまを生きる人々のどこ/どのように「ロマン」は存在しているのか。 阿児つばさが扱う「氷」、大和田俊が扱う「化石」。自分たちの知りえない歴史や土地、時代 と時間軸といった人々の「ロマン」のような何かが詰め込まれた”真空パック”のようなものを2 人は作品 ...more